2016年12月31日土曜日

来年こそ。

もう少しで除夜祭。そろそろ出かけるとしますか。

それにしても何だね。神様も俺に手伝ってほしいだなんて、粋なこと言うね。
世の中が笑って暮らせるようにだとさ。まったくだ。それが一番だ。
いいことも、悪いことも、百八つの鐘で全部忘れちまってさ、
また新しい気持ちで、明るく一年を迎えようだなんて、いいこと言うよ。
そりゃあ、明るくする手伝いなら俺が一番と言うわけでさ。
「選ばれし者」ってとこかい。いかしてるじゃねえか。
どれ、景気づけに一杯ひっかけて神様のお手伝いでも…

…よそう。また夢になるといけねぇ。



来年こそは、もっともっとみんなで明るく暮らせますように。
みんなそう思ってるんだろ。そうだよな。
夢にしちゃいけねえ。俺も頑張るよ。

正しい心で神様の所へ出かけてきます。それじゃまた来年。

年の暮れ

2016年。最後の一日は、1時間半の雪かきでスタート。

何とかできた年賀状を今年中に投函して、
去年までいた集落にある神社に御神酒を届けて、
地元の昆布をたっぷり使ってお出汁を取って、
いつも担当している筑前煮をたっぷり作って、
ついでに雑煮の汁もこさえておいて、
いつも通っている地元の温泉に行って、
年取りの酒も料理もほどほどにして、
日付が変わる前に近くの神社に行って、
学校の代表として除夜祭に参列して、
新年を迎えると同時に元旦祭にも参列して、
直会があれば当然お付き合いして、
そうして、2016年最後の一日が終わり、
2017年最初の一日が始まります。

2017年は流眺50代に突入でございます。
天命を知る一年でございます。

ま、自分の役どころはいいだけわかっているんですけどね(笑)

今年一年もご愛読ありがとうございました。
皆様良いお年を。

2016年12月30日金曜日

本業は何だ?

田舎には何屋さんかわからない店がよくある。

「薬局」と言いながら、文房具や化粧品、果てはメロンにスイカまで売っていたりする。
その店、シャッターに某通信機器メーカーのマスコットキャラのきのこがペイントされていた。
案の定、スマホの注文、契約まで受け付けるという。
かと思えば、スナックのマスターが昼間、クリーニングの集配をしていたりする。
島にはクリーニング工場がないので、集めた物はフェリーで陸地の工場へ送られる。
帰ってきたのを配って歩くというわけ。で、夜は人気のスナックを経営している。
新聞店と写真店の電話番号が同じと言うケースもある。
同じ人が両方やっているのだ。以前は土建屋が写真店を兼ねていたケースもあったそう。
「兼業」が当たり前と言った方が適切なのだろうか。
夏場は漁師をやり、冬は土建屋やトラックの運転手。
夏は民宿をやり、冬は重機を運転して除雪に精を出す。
出稼ぎもいないわけではないが、町内で「兼業」している人が随分といる。
人口が少ない田舎であっても、暮らしは暮らし。
最低限必要な商売の数は都会と変わらないわけであって、自然とこうなるのかも。


話は変わるが、ようやく年賀状を作ろうとした矢先、プリンタのインクが底をつきかけていた。
島には電気屋さんがない。文房具の専門店もない。
「百貨店」と名の付くコンビニに行ってみる。以前に絵の具をばら売りしていて感動した店だ。
予想通りインクカートリッジが売られていたが、お目当ての型番はなし。

3~4日はかかるのを覚悟してネットで注文した後、何の気なしに出かけた先の店。
「書店」と言いつつ、化粧品や玩具を扱っているらしい店。
中に入ると驚いた。とんでもない数の文房具が店を埋め尽くしているのだ。
ドンキの圧縮陳列なんてレヴェルじゃない。ほとんど野積みに近い。
書店だけに、本も週刊誌に漫画の単行本、成人向け雑誌に文庫本も置いてある。
反対側の壁を見ると、CDやDVDも売られている。何だこれは。
棚の間を歩くと、必ず体が何か商品に触れている。こんなカオスな店、初めて見た。
で、店のおじさんに尋ねると、インクカートリッジもわずかながらあるという。
すると…ありましたよ。お目当ての型番が。感激ですよ。

恐るべし田舎の何でも屋。ある意味、とてもコンビニエンス。

2016年12月29日木曜日

年末の楽しみ

年末の演奏会が終了。かれこれ27年続いている恒例イベント。
仲間たちと今年も舞台に立てたことに感謝。
新採用の年に結成したバンド。中核となっていた先輩たちは次々と還暦を迎えています。
今回もひそかに赤い蝶ネクタイつけて本番に臨んだ方もいました(笑)

イギリス物を中心に組んだ今年のプログラム。かなり好みでした。
いつかやりたいと熱望していた戴冠行進曲「王冠」もついに演奏。
クライマックスのシンバルを叩きながらジーンときました。
続けてきたからこそ、この瞬間を味わえたんだと思うと、少しだけ自分を褒めたい気分に。
メインはホルストの組曲「惑星」。スコアも読み込んで勉強して臨みました。
「Jupiter」のモティーフにもなった「木星」もやりましたよ。
最後の「海王星」では高校生たちがバックステージで合唱参加。
澄んだ歌声がホールのシャンデリアの隙間から降りてくるような至福の演奏。
客席で聴いていた方々にも好評。でもこの曲に関しては、舞台上に勝る特等席はないと思う。
一緒に演奏しながら、素敵な時間を味合わせてもらいました。

何年か前から、パートの中で若者を育てることを意識して語る場面をつくってきた私。
今年も打ち上げでいい時間を過ごすことができました。来年がまた楽しみです。

音楽と仲間と再会できる崇高な喜びがあることを励みに、また1年頑張りますか。


ようやく年末です。年賀状作らないと…。

2016年12月22日木曜日

風速15mの中で。

すごい風ですよ。
これで雪が降れば「暴風雪」。明日はたぶんそう。

先日、玄関の横に立てかけておいたママさんダンプが「失踪」。
犯人は前日吹いた強風。数十メートル先の沢まで飛ばされていた。
恐るべし、自然の力。

折からの強風はあちこちで猛威を振るっている様子。
新潟の火事は大変なことになっている。悲惨な状況に胸が痛む。
以前住んでいた町も大火に見舞われたことがあり、その時の記憶がよみがえる。
強風に煽られ、見慣れた町が火の海と化した。
何度も通った店が何軒も消えた。知り合いが何人も焼け出された。
あれこれと思い出し、何ともやるせない気持ちになる。
一刻も早く収まってほしい。せめて風が少しでも弱まってほしい。
その分、こっちが余計に吹いてもかまわないから。
こちとら小さい頃から風の強い町育ち。多少の我慢はきくつもり。
だから早く落ち着いてほしいなぁ。

明日から冬休み。
初日から部活や補習があるけど中止かな。
朝早くから情報収集と天候判断だ。

2016年12月18日日曜日

景品の王様

昨夜は自治会の忘年会。
80名以上は集まっていたでしょうか。なかなかの盛り上がりでした。
陽気な会長さんの乾杯の音頭が実に短く、傑作。
「それでは、世界平和と、みなさんの健康を願って乾杯!」
開会前からみんな「練習」と称して飲んでるので、乾杯の頃には出来上がってるわけで。

会館の床の間にはものすごい数の景品が並び、それを賭けてのビンゴ大会。
ビンゴ8回もやる宴会って初めてでしたよ。よくも最後まで飽きずにやるものだと感心。
米が当たるとやはり盛り上がります。どこの町へ行ってもお米は景品の王様です。
小さい子が当てると特に盛り上がります。「親孝行だ!」の声があちこちから飛びます。
おばあさんが当てても盛り上がります。「そんだけあったら余すべ!」と冷やかす声も。
ビンゴが終わった後、締めくくりは「抽選会」。島民はタダでもらえる企画が本当に好き。
「ビンゴ」「宝引き」「餅まき」のどれか一つは必ず島のイベントに行くとやっている。
締めの抽選会の景品は米1袋に食パン一斤のセット。
地元のパン屋の美味しいパンなのでこれまた大人気。
それにしても米とパンのセットとは。炭水化物礼賛、おそるべし(笑)

そして、信じられないことにこの私。とうとう最後まで1回も当たらず。
終了後、いつもの顔役が残っての直会では、その運の無さを大笑いされましたよ。
『くじだから当たらないことには文句無いけど、黙って待ってるのも飽きるし…
…今度から俺もそっち(進行・お世話役)に行ってやるわ!』と言うと、顔役たちは大喜び。

というわけで、新年会からは「集まる側」から「集める側」に回ります。

2016年12月3日土曜日

週末どうでしょう

先週の話。

土曜日に隣町で吹奏楽のコンサートがあったんですよ。
久しぶりにスポット浴びてドラムソロなんて楽しかったですよ。

いつもなら終わったら当然、朝まで「打ち上げ」なんですが…

翌日の日曜に北海道一の大きな街で、年末恒例の別のコンサートのリハーサルが。
朝一番からスタートするので、どうしたかというと…土曜の本番終了後、「深夜バス」で移動!

で、日曜のリハが終わったら、月曜の朝一番から外せない仕事があったので、
再び「深夜バス」で逆戻りですよ。何と2日連続の「深夜バス」!
朝7時前に出る始発便のフェリーで帰島しました。必殺の「0泊3日」です。

どうですか!この「水曜どうでしょう」ばりの過酷な移動は!


年末のコンサートではホルストの「惑星」をやるんですけどね。
終曲の「海王星」では響きの心地よさに別の世界へ行きそうになりましたよ(笑)

師走の由来を勘違いしている教師はどれだけいるのだろうか。

師走ですよ。

この商売やってると、この時期「忙しいでしょ」なんて言ってもらえる。
仲間内でも「師走と言うだけに、忙しいですが…」なんて言い回しをしたりして。

気遣いの話だし、あれこれと言うのも野暮なので(私も含めて)普通にそう言ったりしてますが、
きちんと物を知ってる人はこれって間違いなのに気付いていらっしゃる。

師走の「師」はお坊さん。学校の先生じゃありません。
お坊さんは年末に檀家回りに忙しいですが、学校の先生はデスクワークに忙殺されてます。
お坊さん並みに「今年もお世話になりました」と挨拶回るくらいじゃなきゃいけないんでしょうけど。

そもそも「年果つ」「四極」「為果つ」といった言葉の方が、より古くからある謂れの様で。
どんなに忙しくても、一年の節目に、過ごした時間を振り返る心構えを持たなきゃと思います。

年の瀬が忙しいのはみんな同じ。
そして振り返るとあれこれと思いがよぎるのもまた同じ。
年の越し方は人それぞれでしょうが、「生き方」と向き合う瞬間が誰しもあるのではと思います。

案外、学校の先生がそんなところから一番遠くにいるのかもしれません。



学校便りのコラムを書きながらふと思った話。



さ、大晦日に神社に持っていく御神酒を用意しなくちゃ。
今年も島で年越しです。