2016年10月29日土曜日

すぐに食べるのはつまんない。

「五勝手屋羊羹」って知ってます?
北海道に古くからある銘菓ですよ。

函館名物と思われてますが、正確にはその近くの江差名物。
追分で有名なあの小さな町の銘菓。
円筒状なんです。羊羹の形が。
筒の底を押すと、ニョローンと羊羹が出てくるんです。
それを容器についている糸で切って食べる。
これが実に楽しいんです。

仕事で疲れていた時に、「教頭先生、どうぞ!」っていただきました。
函館出身の同僚からの心配りに癒されました。

遊び心のあるお菓子って好きですね。
北海道銘菓の一つ「三方六」もその一つ。
白樺の木を模したバウムクーヘン
切り分けるためについてているヘラが鋸の形をしていたりして。
もっとも、最近は最初から切れているタイプが売り出されてますが。

銘菓でなくても食べる前にひと手間あるのって楽しいですよね。
水あめを割りばしでコネコネしてから食べたり、
せんべいにソースで落書きしてから食べたり。
マシュマロを炙ってから食べるのは最近の話ですか。
箱や袋を開けて、すぐに口にポイと放り込むのではちょっと味気ない。

ちょいとひと手間。ちょいと面倒。
そんな「寄り道」加減がいいんでしょうな。

0 件のコメント: