2016年9月6日火曜日

50年の区切りはどこだ?

「50年に一度」の大雨を47歳の年に経験した。
あぁ、これはきっと50年目の出来事なんだろうなぁと思った。

あれから2年。

豪雨のさなか、気象情報をチェックしていると、隣の町が「50年に一度」だという。
これはきっと2年目の出来事なのかなぁと思いつつ、
前回が1年目だったら今回は3年目の出来事なわけで、
前回が25年目だったら今回は27年目の出来事なわけで、
ひょっとしたら48年目の後の50年目の出来事かもしれないし、
そうなりゃ50年に2回になるから「25年に一度」なのかなとも思うし、
でもやっぱり2年目だとしたら「50年に一度」が随分と早く来たわけで、
とどのつまり、「〇年に一度」という表現はこう立て続けにある物事には不向きだと。

「観測史上、稀な」とか、
「過去〇年間に△回記録されてるのみ」とか、
「(西暦)〇〇以降、△回あっただけ」とか、
そんな表現の方が正確な気がします。

「50年に一度」という表現が手軽な表現として独り歩きしてるなと思ってたら、
自然は随分と強烈なパンチをお見舞いしてきました。

読者のみなさん、ご心配をおかけしております。
流眺、大丈夫です。


【追記】
吹奏楽の全道大会に仲間と出かけて、2年連続の金賞をとってきました。
長時間移動の行きのバスはずっと宴会。到着したら当然安着祝い。
本番終えて帰りのバスも宴会。結果が出たらさらに盛り上がって宴会。
帰ってきてからも安着祝いもかねて改めて祝勝会。いやぁ、飲んだ飲んだ。
本番の舞台は実に楽しいものでした。古参のメンバーと喜びをかみしめました。
ま、そのあたりの話はまた別の機会に。

2 件のコメント:

ハッピー さんのコメント...

すみません。
「10年に1人」という言葉を多用しています。
バスケットボール選手に対してですが。

>「観測史上、稀な」とか、
「過去〇年間に△回記録されてるのみ」とか、
「(西暦)〇〇以降、△回あっただけ」とか、
そんな表現の方が正確な気がします。

そんな私もこれには納得。
だから珍しいことなんだとすぐ理解できる。

ただ、バスケ選手に対しての「10年に1人」は今後も多用してしまいそう。
コソッと応援していた竹田選手に対しても使いましたし、
(高知では10年に1人の選手だと)
NBAで私が思う「(次の)10年に1人」の選手も
そろそろ出るんじゃないかと待ち望んでいます。
・・・勝手なこと言ってすみませんです(^^ゞ

旬風亭流眺 さんのコメント...

ハッピーさん、こんにちは。
「10年に1人」くらいならいいんじゃないですか(笑)
頻度として立て続けにそんな逸材が出てきても不思議じゃないし。
でも「50年に1度」はねぇ…一生に一度あればいいくらいが立て続けにあると???
「10年に1人」の選手は楽しみに次出てくるの待てそうですね。
「50年に1人」が次出てくるのは…無理!(笑)