2016年8月9日火曜日

五輪観戦記その1

体操団体の金に感動。
失敗に挫けず、坦々と目指す道を歩んだ結果だ。
強い決意とゆるぎない絆、そして冷静な目と着実な実践。
「情理」の調和の末にたどり着いた勝利は真に称賛に値する。
とにかくそれぞれの演技が美しかった。
優れた技術は常に美しいということを再確認させられた快挙だった。

柔道は3階級で全員がメダル獲得。
金を目指したが力及ばず銅であった選手が口々に語る言葉。
頂点を目指すという点では悔しさが残ったのは頷ける話だが、
時流に対応しつつも、柔道の美しさを守り抜いた点では、
正直に安心し、胸を張ってほしい。
「一本」の見事さでは、日本選手が一番だ。

切磋琢磨の末の水泳のW表彰台も見事。
水泳選手団はこの何大会か、チームとして充実していると思う。
今年現役を退いた名選手の残した財産はやはり大きい。
メダルに届かずとも、自己ベストに迫る、あるいは超える結果の連続。
期待の10代選手の7種目エントリーは少々過負荷な印象も受けるが、
怪我だけには気を付けて、伸び伸びと頑張ってほしい。

惜しくも勝ちを得ることができなかった選手たちの中で、
フェンシングの有力選手の初戦敗退は心に残るものだった。
現役に復帰した雄姿をもう何試合か見ていたかったし、
宿願の金をとってほしいと願っていたが、残念ながらかなわず。
敗戦直後にも関わらず、潔い引退表明に驚き、感動した。
一競技者であると同時に、スポーツ界全体に想いを馳せたコメント。
この人がフェンシングの知名度を高め、道を拓いたことは間違いありません。


0 件のコメント: