2016年6月28日火曜日

選挙権

18歳は早いと思うけどな。個人的には。
「暮らし」や「社会」というものをまだ表面的にしか知らない。

毎月お金を稼いで、毎月使っていくということ。
生活に十分なお金を稼ぐのは簡単ではないということ。
周りの人たちが、それぞれにいろんな事情を抱えているということ。
仕事と仕事がつながりあっていること。
会社がいろいろな背景を抱えていること。
好みや適性だけでは働いていくことができないということ。
メディアは社会の縮図であるということ。
子どももまた社会の縮図であるということ。
男女の間には越えられない、越えてはならない壁があるということ。
教育や福祉には厳しい現実があるということ。
行政の人たちだって、決して机の上だけで仕事していないということ。

いろんなことを実感して、そこで生きる覚悟を持って。
「責任」って、そうじゃなきゃ生まれてこない。
「票の重み」って、数量的に考えるだけじゃいけない。
質的な重みを考える時、選挙権年齢の引き下げは決して賢い選択ではない。



ちなみに。

来週に迫った参院選。ここらの地域は投票率、低いだろうな。
だって、中体連の大会ぶつかってるもん。みんな行くよ。応援に。
島民はかなりの数、陸に上がっちゃいます。留守です。
私はちゃんと期日前投票行きますけどね。
みんなどうかな。

暮らしや社会が変わるという期待感。
約束の行方が分かる透明性。
何をしてくれるのか、何をしなければならないのかがわかる明解さ。
信頼するに値する政治家としての専門性と清潔性。
それが本当に伝わってこなければ、忙しい合間を縫って投票には行かないと思う。
仕事や家事を30分休んで出かけるのだって、実は大変なこと。
本当に重みのある票を集めて、民意を問いたいのならば、
選挙権年齢を引き下げる前にやらなければいけないことって山ほどあるよ。

年寄りと子どもを大切にするのは世の常。
でも、そのどちらも支えているのは私たちの世代。
今元気であるべき「大人」だということを政治の世界は忘れてほしくないな。




2 件のコメント:

そら子 さんのコメント...

こんにちは。本当に必要ないです。「意識の高い生徒(この言い方も語弊がありますが)」が「頭だけ」でわかってくれるのがせいぜいでして……いやはや、参りました。。。

旬風亭流眺 さんのコメント...

選挙に参加するということは社会に参加するということ。
社会に参加するということは、暮らしの苦しさを味わうということと。
その高い壁に挑むことなしに、国政へ意見を言うなどありえないことです。
「十年早い!」とみんなが言えばいいだけの話なんですよ。遠慮せずに。
分別のつかない若者に1票を頼りにするようになっては、政治は終わりです。