2016年5月7日土曜日

正常化

職場が変わって、少しだけ自分の時間が増えた。
何でもかんでも教頭という仕事の過剰負担が無くなったのと、
出勤時間が早くなったので、早起き型になったことが理由。残業も減った。
定時より早く出て、定時を過ぎて帰る生活に変わりはないが、
時間のゆとりができたのは事実。

生活リズムの微小変化に伴って変わったこと。

本を再び読み始めています。朝と夜にコーヒー片手に。
音楽と本が身近な暮らしが帰ってきました。

朝食が軽くなりました。トースト1枚にたっぷりのコーヒー。
食べることで無理に元気を保とうという気持ちが薄れてきました。

忙しいはずなんだけどね。相変わらず。
でも、少しだけゆとりが生まれています。悪くない感じ。

2 件のコメント:

まま さんのコメント...

こんにちは、先日は転居のお便りありがとうございました。
島の生活を楽しんでいらっしゃるのが文面から伝わりました。
鴻巣は、今日から花祭りです。ポピーが満開です

朝のひととき
ちょっとだけ贅沢して美味しい珈琲をゆっくり時間かけて飲みます

とはいえ、相変わらずせっかちな相方の毒気があるとしか思えない言葉に朝からテンション下がる事が多いのが困りものですが、これ男の更年期か?なんてニガ笑い

読書する時間
それは本当にいいものですよね
因みに、おすすめの本ありますか

旬風亭流眺 さんのコメント...

ままさん、お元気そうで何よりです。
花祭りですか。いいですね。こちらはまだ桜も咲いてません(笑)
お薦めの本ですか?流行りの本にはあまり興味がないものですから…。
今の生活リズムになってから読んだ中では「談志が死んだ」は面白かったですね。
立川談四楼さんが書いた本。談春さんの「赤めだか」とは違った切り口で面白いです。
天才の孤独の中を生きた談志の素顔が垣間見える佳作です。