2016年4月30日土曜日

絶対に言わない。

よくある言い回し。


「縁あって、この度こちらに…」


ホント、よくあるでしょ。赴任のあいさつに。
我々の業界では、お便りや懇談会でまであいさつにこの言い回しを使う人多数。
私、今では絶対に使いません。このセリフ。


親や子どもは担任を選べません。先生を選べません。
先生方は校長や教頭を選べません。(私立には公選で…という所もあるけど極少数)
校内の分掌リーダーだって、最終的にはトップの判断ですよ。


だから決める側には責任があるんです。
決まった人には覚悟が必要なんです。
役割は、その時々のベストメンバーで組む必要があるんです。
これは、「縁」なんて偶然じみた言葉で片付けてはいけないんです。


一か月たって、学校の抱える課題が明確に見えてきました。
希望とやる気に満ちた若手や、大変な時代を支えてきたベテランの苦悩にも触れました。
「いや~流眺先生…」と、地域の本音も聞こえてきました。


車で10分の異動が決まった時から、私の中には覚悟がありました。
だから私は絶対に言いません。「縁あって、ここに来ました」なんて。


若手の苦悩をひとしきり聞いた深夜の職員室で、こう言ってあげました。
「だからここに来たんだよ。こういう所ばかり回ってきたから、心配いらないよ(笑)」




さて、絶対言わない言葉の代わりに、読者のみなさんにはおなじみのセリフを一つ。


―「本物の学校」づくり、スタートです。―

2 件のコメント:

そら子 さんのコメント...

こんにちは。ありますあります、「この度ご縁を頂きまして、この学校に…(以下略)」。私めは大学時代、結婚式場の照明をしていたのですが、司会の方の冒頭の決まり文句が必ず「この度、嬉しいご縁を頂きまして、この結婚式の司会を務めさせて頂くことに…」でしたので、単純に「結婚式みたい」と思っていました(^_^;)
臨時雇用のときは、ご縁も何も「足りないから」だけで急きょそこに行きますし、ご縁は一年でぶち切れますし。。。正規雇用になればなったで教科の特殊性から「行き場がない」と言われますし、ご縁も何もありません(大汗)
そんなこんなで私は「この度こちらで勤務させて頂くことになりました、○○(教科)担当のそら子です」程度のことしか申しておりませんでしたが、そこまで深く考えたことはありませんでした。
某小学校から中学校に進学した生徒たちは「またいるーー!」と笑ったかもしれませんが、笑ってばかりもいられない現実もありまして……頑張って参りましょう。

旬風亭流眺 さんのコメント...

コメントありがとうございます。
子どもたちが一番わかっているようです。
どこも同じですね。