2016年4月19日火曜日

願う。

季節はずれの雪が積もる北海道から、被災地のみなさんへ。
心より御見舞い申し上げます。
一日も早く余震が落ち着きますように。
復興・復旧までの道程は遠いこととは思いますが、
ここでできることををしっかりと果たしながら、
みなさんのこれからを応援しています。

多くの被害、犠牲も現実としてありますが、
阪神淡路や東北の経験が教訓として生きている面も感じます。
施す側の一方的な感情による支援への警鐘がある点も共感できます。
現地の人たちの自主自立を真に支援する、息の長い助け合いを。
偽善は所詮、偽善です。自己満足です。
被災者の「日常」がどうか帰ってきますように。

5 件のコメント:

micha さんのコメント...

こんばんは。
お気遣い、ありがとうございます。

大分の海岸部に住んでいますので、熊本が震度5以上の揺れでないとほぼ気にならなくなりました。
その代わり、別府が震源の地震のほうでガタガタしています。
やっと1週間経ち、大分県内では大きな被災をした場所以外は立ち直り始めています。
湯布院でも観光客はだいぶ減っていますが、お店も再開しつつあります。
温泉地も然りです。
GWは大分県内、旅行に最適ですよ♪
日本語が主に聞こえてくる観光地になってるのではないでしょうか。

いろんな情報が錯綜していて、自主的に物資を送る方もいらっしゃると。
また、ボランティアに行きたいと思ってる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、流眺先生のおしゃるとおり、結果的に一方的な押し付けになってしまってる場合も多々あるようです。
本当に必要な支援ができるといいですね。
私たち家族はもう少し様子を見て、ボランティアに行くか観光地の地産地消のお手伝いをしようかと思っています。

旬風亭流眺 さんのコメント...

福岡に親戚が暮らしています。
思ったよりも早くに日常を取り戻しているようでホッとしました。
michaさんの所も落ち着いたようで何よりです。
娘さんもたくましくピンチを乗り切りましたね。
震源に近かった所、事前の対策が途上にあった所はこれからですね。
私たちの支援・応援もこれからが本番ですね。

それはそうと、中央行政の反応はこれまで以上に違和感を覚える私です。
台詞棒読みの芝居を見ているような現実味のなさです。

そら子 さんのコメント...

こんにちは。日々報道される惨状に心痛めています。環太平洋造山帯の真上に乗る日本、どこで何が起きてもおかしくないと思っております。
東日本大震災のときは数ヶ月後の夏休みに夫が(仲の良かった先輩が被災したこともあって)、1年後に私が、福島にお邪魔しました。私は「地震酔い」がひどいもので、少し時間はかかるかもしれませんが、いつか何かお手伝いができればと思っています。

上記コメント・micha様のところは、ひとまず落ち着いたようでよかったです。どうか引き続き安全にお気をつけ下さい。

micha さんのコメント...

流眺先生、福岡も場所によりだいぶ揺れたと聞きました。
大丈夫でしたでしょうか?
娘は学校で揺れてもぜんぜん気付かなかったようです。
お友達は揺れたって騒いでいたらしいのですが・・・

安倍さんの対応が違いすぎますよね。
やっと激甚災害指定になりましたし。
そりゃ、東日本大震災のインパクトが大きすぎて、あれに比べたら・・・とこちらも思ってしまいますけどね。
議員さんがそう思ってるのでしたら、残念なことです。


そら子さん、ありがとうございます。
別府市に移動すると時々、突き上げるような揺れを感じます。
まだまだ不安な部分もありますが、自然とともに生きていく覚悟はできています。
もう少し揺れが落ち着いたら、雄大な阿蘇山を見にいらしてくださいね。

旬風亭流眺 さんのコメント...

「自然とともに生きていく覚悟」
心に響く言葉です。

島に暮らしていると、厳しい自然を屈託なく笑う人に多く出会います。
「ああなったら、どうもならんもなあ」
この笑顔の向こうにも覚悟が見えます。