2016年3月31日木曜日

引っ越しました。

荷作り一ヶ月、積み込み1時間。で、移動10分。
ご近所さんの教員仲間が早速手伝ってくれて、荷下ろしは20分。
あっという間に引っ越し完了です。
隣の学校へ異動したので、ご近所さんみんな顔見知りなんですよ。
何とも楽しい引っ越しです。

楽しいといえば、荷作りも今回は完璧。
結束バンドとプチプチシート大活躍。
荷物の整理が苦手なカミさんも頑張りました。

それにしても、さすが島内異動。
出していたクリーニングが、既に引っ越し先に配達されていた。
しかも家の中にかけられてたよ。私を出迎えるかのように。
これぞ究極の転送システム(笑)

2 件のコメント:

そら子 さんのコメント...

こんばんは、お疲れ様です……が、10分の場所に転居?!教職員住宅を移動しなければならないですとか、校区内に居住しなければならないですとか、何か決まりがあるのでしょうか?某地域(つまりうち)の小中学校は、「ある場合」においては教職員住宅、もし部屋が満室の場合は校区内に借宿しなければならない;そうしないと住居手当が出ない)となっています。高校は全地域異動ですので、数時間かけて通うも、教職員住宅に入るも、民間アパートを借りるも自由です(もちろん住宅手当には上限ありですが)。
これからも島でお元気に、でもご無理はなさらず楽しく、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

旬風亭流眺 さんのコメント...

そら子先生、いらっしゃいませ。
住宅は、それぞれ勤務校の箇所付けがされています。
つまり、同じ街の中でも、勤務校割当の住宅に引っ越すのが基本。
ま、校区の中に住宅が全部ある田舎らしい話。
一般の先生はこのあたりをファジーに扱うこともあるのですが、管理職は原則、学校に隣接する住宅に入るのが義務です。

3年ぶりの中学校、いい感じです。