2015年12月5日土曜日

いいぞ。納豆。

近頃、納豆がなんだかしっくりきています。

子どもの頃は苦手だったんですよ。
卵とか砂糖とか入れて、ようやく食べてました。
一人暮らしを始めて、お金もなくて、米の美味しさがしみじみとわかるようになって、
ご飯のお供にランクインするようになりましたね。

私の場合は、とにかくよくかき混ぜる。粘りをしっかりと出す。
あの粘りでご飯食べると、もう幸せな気分。
刻んだねぎを入れたり、鰹節を入れたりもいいですね。
最近のブームはキムチを入れることですね。
あと、夜に食べることが多いです。晩酌のあと、納豆ご飯で締める。
以前は、どんなにお酒を飲んでも、締めにガッツリとご飯食べられたんですけどね。
近頃は納豆ご飯くらいがちょうどいい。なんだかあの粘りも胃に良さそうだし。
もちろん、朝に食べることだってあります。
ホテルや旅館の朝食は当たりはずれがあったりなんかしますが、
とりあえず納豆があればなんとか収まりがつく気がします。

旅先で朝ごはん食べていると、意外と納豆かき混ぜている若者も多かったりします。
「いいぞ!お互い日本人だよな!今日も頑張ろうぜ!」ってな気分になります。

4 件のコメント:

きょろん さんのコメント...

納豆は子供の頃から大好きです。
ごく軽くかき混ぜ、あんまり粘りは出しません。
今はお昼に食べることが多く、引きわりと小粒の2種類を買っておいて、
その日の気分によって食べ分けてます。
入れるのは、長ネギ、玉ねぎのみじん切り、大根おろしが定番。
カラシのかわりにワサビで辛味を足すこともあります。
趣の違う辛さになって、なかなか美味しいのです。

そら子 さんのコメント...

こんばんは。私、子どもの頃は納豆は絶対絶対苦手でした。不可思議な味が苦手でした。しかし、高校時代、ふいに何も混ぜ物をしない納豆を食べたら美味しい……(我が家では母が、必ずきざみねぎと鰹節を混ぜて出していました)。単に私は、混ぜ物のない納豆が好みだったようです。大学時代は、食パンの上にバターを塗り、納豆をのせ、とろけるチーズをのかぶせて加熱して食べるという、人によっては「うげ!」と言いそうな夜食を作ったりしていました。
今はやはりごはんのお供ですが、大粒とひきわり、両極端を気分で使い分けています。

なお、私の父方祖父は心臓が悪く、40代後半に発作で亡くなったため私は会ったことがありませんが、納豆に砂糖を入れて食べていたそうです。父が、あるときそれを思い出し、母や私たちが止めるのも聞かずやってみていました。食べた結果
「…………………………。」
一口で終了となりました。。。

micha さんのコメント...

こんばんは。
納豆、極小粒っていうのが今私のお気に入りです。
量をいっぱい食べられるお得感?でしょうか。

いっぱい混ぜて粘々させて、たれ・ごま油・からしを入れてご飯の乗せて食べるのが好きです。
あのねばねばが腸に効くって30年前に、病院勤務の父が熱弁をふるっていました。
ちなみに、夫はほぼ混ぜずお上品に食べます。

旬風亭流眺 さんのコメント...

きょろんさん、ワサビですか!なかなか美味しそうですね。
ぜひ試してみたいと思います。葉ワサビなんか刻んでもいいでしょうね。
玉ねぎみじん切りとは初耳です。これまたチャレンジしてみます。

そら子先生、納豆にチーズまでは許せそうです。バターは…。
納豆に砂糖…今ではNGです。どうしてあの頃はそんなものを…謎です。

michaさん、私も小粒が好みです。ごま油も良さそうですね。
旦那さん、混ぜずに食べるんですか!私は200回は混ぜます。