2015年11月21日土曜日

名横綱。早すぎた千秋楽。

「巨人・大鵬・卵焼き」って言いますが、私はもうちょっと後の世代で。
さしずめ「阪急・北の湖・卵焼き」ってとこですね。
(「江川・ピーマン・北の湖」って、ほとんど記憶にない。そんなのあったかなぁ)

北の湖さんの訃報に驚いております。早すぎるかな…と。
輪湖時代を経て千代の富士の登場までの大相撲を支え、
平成に入って不祥事に揺れる相撲協会の立て直しに奔走。
「憎らしいほど強い」と言われた横綱は「孤高の力士」だったのかもしれません。
そんな時代に選ばれた人っているんだなぁとつくづく感じさせられます。

それにしても卵焼きってロングセラーですね。
北の湖の名と功績も、長く人々の記憶に残ることでしょう。
道産子で相撲好きの私としては、何とも寂しい思いです。

0 件のコメント: